虹の橋

  • コージンへ
  • 北村さん より

コージン

今頃は 虹の橋の草原で、みんなと楽しく遊んでいますか? 阪神淡路大震災の翌年に、
転勤先の兵庫県で生まれて、縁あって我が家の子になりました。 そして山形に来て
10年目の今年、この(東北)大震災に、15歳で亡くなったのも、運命だったのでしょうか?
きっと震災で亡くなったたくさんの仲間の話を聞いてあげている事でしょう。
15歳というと 「長生きしたねぇ」 と言われるけれど、私にとっては、ずぅーっと、かわいい
3番目のやんちゃな子供のままです。 もう少し、もう少し、一緒にいたかった。 今もギューって抱っこした、あの時のふわふわ感がなつかしくて、寂しくなります。 でも虹の橋でまた会えると思うと元気をもらいます。コージンがくれた、たくさんの思い出といっしょに楽しく生きていきます。 だから、忘れないでお迎えに来てね。
大好きだよ、コージン。

  • こっちゃんへ
  • 川島さん より

 

今、体は辛くない? 病気は治って 浪江の家に帰れましたか?大好きだった家の前の雑木林を駆け回ったり、ウッドデッキで日向ぼっこしているの? こゆきの辛い時に側にいてあげられなくてごめんね。こゆきは私の辛い時や悲しい時には いつも側にいてくれたのにね…
もも と はな と こゆき 皆で暮らせる家が見つからなかったの。家族が二つに別れて暮らすように、早くしていれば 1日でも一緒に暮せたのにごめんね。 私は自分の家に帰れない辛い気持ちで一杯になっていて何とかしなければと思いつつボランティアさんに甘えてしまっていたよ。 こんなに早く突然逝ってしまうと分かっていれば、こゆきのことを1番に考えてあげなければいけなかったね。 移動する車の中でずっと鳴き続けていたこゆきの鳴き声が忘れられません。
原発事故さえなければ 小雪は今頃元気だったかと思うと本当に悔しいよ。原発なんて無くなればいいのにね。守ってあげられなくてごめんね。
12年間毎日呼ぶと 「ニャー」 と返事をしてくれてありがとう。 鼻をペロペロ舐めてくれてありがとう。 抱っこすると喉を鳴らして喜んでくれてありがとう。 許してくれるなら、またいつか逢ってね。その時はこゆきの大好きだったコロコロテープで、何回も撫でさせてね。こゆきが家にきてくれて すごく幸せだったよ。天国では穏やかに幸せになってね。
こっちゃん、ありがとう。

  • てんちゃんへ
  • 山川さん より

てん

てんが 初めて 家に来た日から もうすぐ2年が経とうとしています。
来たばかりの時は まだ小さな赤ちゃんだったのに、どんどん大きくなって みんなで喜んでいたんだよ。
てんは いつも 私たちのそばにいてくれたね。 毎日一緒にあそんだよね。
私はも う一人 弟ができたみたいで すごくうれしかったよ。
こんなに早く 突然 いなくなるなんて 悲しくて さみしい 気持ちでいっぱいです。
今でも 家のどこかに いるような気がして いつも 探してしまいます。

てん。 お友達は できましたか。 すごく心配しています。
てん。 私たちの 家に来てくれて ありがとう。 必ず また 会おうね。

  • ニャンタへ
  • 渋谷さん より

ニャンタ

ニャンタ〜? 元気にしてるかな? ニャンタが虹の橋に行ってから1年4ヶ月。未だに家にはニャンタが残してくれた証があるよ。
ニャンタは2年前の4月の終わりにひょっこり小屋の中に現れた。家では動物を飼わないはずだったけど、みんなの気になる存在で… 家族の意見一致団結で、初めて飼った猫がニャンタだったんだよ。 ニャンタは毛並みも良く、もともと飼われていたのか躾がきちんと身についていて…。 でも、お外に行きたくて何回も脱走したりしたね。 見た目より
すばしっこくて大変だったよ。シャワーは大嫌いで洗ってあげると自分もぐちゃぐちゃ。
普段は大人しくて、シャッターの境目にちょこんと座ってお外眺めたりもしてたね。缶詰が大好物なニャンタは 「カンカン」 と音が聞こえると勘違いして、走ってとんできたね。大人しい中にもユーモアなところがあった。
そんなニャンタが7月初め、帰らぬ猫ちゃんになってしまったね。
眠りにつく直前は、代わってあげたいくらいかわいそうで…今でも思い出すと涙が出てくるよ。
ニャンタとは2ヶ月ちょいという短い期間だったけど、たくさんの思い出が出来て一緒に過ごせてよかったよ。未だにニャンタの話は途絶えないよ。だって、今も家族の一員だもん。ニャンタと出会ったことにより、家族の絆も深まり私たち家族を助けて守ってくれたんだよね。感謝してるよ。不思議な出会いと別れだったけど、ニャンタと出会えて本当によかった。
虹の橋でも元気に駆け回って楽しく過ごしてね。ニャンタの幸せを祈ります。
そして、またどこかでニャンタと出会えることを楽しみにしているね。

ページトップへ